亜鉛めっき処理,三価クロム,クロムフリー,メッキ処理,三価クロメート,鍍金処理,バレルめっき,三価ブラック,亜鉛メッキのことなら大和工業株式会社へ
大阪市平野区の大和工業株式会社
ホームへ会社情報処理内容設備紹介ISOについて
化成処理
六価と鉄とめっきの関係
六価と鉄とめっきの関係
三価クロム
弊社の三価における商品について
三価クロメート
三価クロム化成処理剤 ラスターM-200 三価クロム化成処理剤
特徴>
・亜鉛めっき上では明るい淡干渉色の色調が得られます。
・有色クロメートと同等の耐食性が得られ、加熱耐食性にも優れています。
・従来の行程設備に組み込むことが可能です。
・フッ化物を含有しません。
三価処理剤(M200・TR175)
特徴
・亜鉛めっき用3価クロム化成処理剤
・有色同等の耐食性のある皮膜(有色クロメート代替商品)
・色調:明るく淡い干渉色 ・無機シリカタイプ
・廃水処理容易
・回転静止両用
・めっき浴種(アルカリ・酸性亜鉛浴)を問わず高耐食性
処理工程
処理工程
■ めっき前 ■ めっき後
めっき前 めっき後
三価ブラック
三価ブラック 特徴

・色調は黒色です。
・塩水噴霧試験において、従来の黒色クロメートの同等以上の
 耐食性が得られます。(銀、染料を不使用)
・量産バレル処理によっても耐食性が得られます。
・六価黒色クロメートとほぼ同等の耐食性
・六価黒色クロメートとほぼ同等の摩擦係数
・現行ラインと同じ処理工程
・pH管理が非常に重要 ・処理後、経時で色調が安定する
・加熱後の耐食性の低下が少ない
※処理品の形状・大きさ・重なり合う可能性の有りなどの条件
 により、色具合や耐食性の低下が見込まれます。
処理工程
■ めっき前 ■ めっき後
めっき前 めっき後
耐候性
弊社三価クロム黒色化成処理皮膜の特徴
 耐候性に優れる(銀、染料を不使用)
設備紹介 メッキ工程
お問い合わせ
ページトップへ