亜鉛めっき処理,三価クロム,クロムフリー,メッキ処理,三価クロメート,鍍金処理,バレルめっき,三価ブラック,亜鉛メッキのことなら大和工業株式会社へ
大阪市平野区の大和工業株式会社
ホームへ会社情報処理内容設備紹介ISOについて
化成処理
六価クロムとRoHS規制
欧州及び北米の自動車産業において、1997年代から環境負荷物質(特に6価クロム、鉛、水銀、カドミ ウム)の低減、使用禁止・廃止の法規制が進んでいます。
EU(欧州連合)では、2002年09月に、EU市場で登録される新車について、6価クロム、鉛、水銀、 カドミウム(適用除外有り)の環境負荷物質を2003年07月01日以降使用を禁止しています。

この規制では、各自動車部品ごとに、6価クロム、鉛、水銀、カドミウム等の環境負荷物質の使用禁止、 削減が定められており六価クロムについては、防錆用途の亜鉛メッキ等の表面処理で1車輌当り2グラム を超えてはならないとする方針が示されました。

EUは廃車指令の規制を強化し、当初の量規制を撤廃し、段階的に使用を禁止する方針が出され、日本の 自動車メーカー及び自動車部品メーカー各社も、欧州廃止指令の方針に添ってそれぞれ環境負荷物質を使 用しない方針を打ち出しています。

電子機器、電気機器に関しても、EU(欧州連合)では使用を禁止するEU指令が成立しています。国内の電機メーカーも既に、 6価クロムや水銀などの環境負荷物質の使 用を禁止し、調達先への監査を実施する所も出て来ています。
六価クロムと環境への影響
・使用済み自動車や電子部品のクロメート皮膜が,酸性雨により溶解して皮膜中の六価クロムが土壌に浸透し,
 ひいては地下水が汚染されて,生活循環により人体への悪影響が心配されるに至るようになった。
 その結果,自動車,電子部品,家電製品からクロメート処理品を排除する動きがヨーロッパで起こり,日本に
 おいてもその対策が急がれるようになった。
・では、人に影響されると考えられる事は何だろうか?
 それは、次の項目が考えられます。
腐食性(鼻中隔穿孔)
六価クロムの完全廃止へ
6価クロムは金属表面の耐蝕性・防蝕性に優れる性質から、現在、多くの工業製品の表面処理に幅広く使用 されています。
ですが、環境及び人体にかなり有害なので、EUでは2007年に六価クロムの完全禁止の指令が実施されています 。
六価クロムめっきから三価クロムめっきへ
現状では、ミストの少量性、排水処理の容易さ、均一の電着性、不純物除去の容易さなど、有害物質である 「6価クロムメッキ」の最有力代替技術が「3価クロムメッキ」です。
3価クロムは3価クロム塩を主成分とするため毒性は無く、作業環境が改善されると同時に廃水処理も簡単に なります。
六価クロム廃止で三価クロムへ
6価クロム使用禁止の動き
六価クロムから三価へ切り替えの流れ
現在の流通確認。
亜鉛の排水基準の見直しについて
亜鉛の排水基準につきましては、従来より5mg/Lと定められていましたが、水生生物保全の観点から平成15年に環境基準が設定されたことを受けて、その達成・維持に必要な排水規制の在り方について、中央環境審議会が平成18年4月に「水生生物の保全に係る排水規制等の在り方について」を答申しました。
そして、これを受けた排水基準を定める省令等の一部を改正する省令(平成18年環境省令第33号)が平成18年11月10日に公布され、平成18年12月11日施行されることとなりました。
そして、下水道への排水基準を定めた下水道法施行令も同日政令354号により改正されました。これにより亜鉛の排水基準は、以下のとおりとなりました。ご注意ください。
亜鉛の排水基準の見直しについて
排水処理の工程
排水処理の工程
お問い合わせ
ページトップへ